さかなんの雑記カフェ

好きなことを書くだけのブログです

盾の勇者の成り上がりの放送日が19年1月に決定

なろうで有名な人気ラノベ盾の勇者の成り上がり

その、盾の勇者の成り上がりが19年1月に放送されることが決定しました。

www.youtube.com

といっても、アニメ化が決定したのが17年の夏ぐらいなので、そこから考えると結構遅めの発表、後からアニメ化が決定した転生したらスライムだった件の方が先に放送されることになりましたね。

盾の勇者の成り上がりは俺もなろうで見たことあるぐらいで書籍は知らないけど、普通に王道ファンタジーでなおかつ主人公である岩谷尚文が中々にダークな一面があるので、いつもの無双なろうとは少し違って結構面白くて好きな作品です。

ちなみに、転スラの方もなろうで見た感じだけど、普通に無双系の典型的ななろう小説だけど結構しっかり設定とかあるしなんだかんだ王道系ファンタジーは好きなので転スラも楽しく読めました。

 

盾の勇者の成り上がりのあらすじを書くと、

盾の勇者として異世界に召喚された尚文は、ともに召喚された剣、弓、槍の勇者と共に波(魔物の軍勢が出てくる現象)から世界を守るために奮闘するんだけど、盾の勇者という理由だけで王国や他の勇者に裏切られ、冤罪をかけられ信頼や金を失い踏んだり蹴ったりな最初をスタートする。

主人公は人間不信になりながらも奴隷を使ったりしながら自分の手で波から世界を守り徐々に成り上がっていくという話。

 

この主人公の職業に当たる盾の勇者は、攻撃力もなく基本的な攻撃力はないに等しくて、いろんな手段を使いながら経験値やスキルを獲得するのは見てて面白いです。

ただ、このラノベは結構鬱展開が多くて、主人公が裏切られるところもそうだけど、基本的に王国サイドは性格クズしかいないし、主人公も人間不信だから当たり前っちゃ当たり前だけど、あんま性格がよくないです。

裏切られるとか、鬱展開が多いとかは少しリゼロに似てるのでリゼロを楽しめる人なら楽しめるかも。

 

pvが公開されてるのでpvの感想を言うと、作画が結構しっかりしてるイメージがありますね。

これはまあ、前から公開されてたので特に変わらないけど。

そして声優も紹介されましたね、声優はこんな感じです。

岩谷尚文:石川界人
ラフタリア:瀬戸麻沙美
天木 錬:松岡禎丞
北村元康:高橋 信
川澄 樹:山谷祥生

 

知ってる声優さんが石川界人さんとつぐつぐぐらいしか知らないや。

石川界人さんは僕のヒーローアカデミア飯田天哉マクロスΔのロイドブルーム、瀬戸麻美さんはTARI TARIの宮本来夏と同じくマクロスΔミラージュ・ファリーナ・ジーナスが代表作みたいですね。

つぐつぐはソード・アート・オンラインのキリトくんやノーゲームノーライフの空、山谷祥生さんは一週間フレンズの長谷祐樹や暗殺教室の杉野友人で有名で、高橋信さんはこれが初の主役みたいですね。

 

pvを見た感じ、そこまで主人公が残念な感じはなかったのでもしかしたら騙されてみる人がいるかも。

まあ、この作品はいつものなろう系とは若干違うのでおすすめの作品です。

19年の1月まで楽しみに待ちましょう。