さかなん雑記カフェ

好きなことを書くだけのブログです

MENU

大賞は「彼方のアストラ」、マンガ大賞2019のまとめ

3月19日に発表された「マンガ大賞2019」、実はあまり興味がなくてどっちかというと、このマンガがすごい!のほうが共感できる作品が多いので好きなんだけど、彼方のアストラが大賞を受賞していたので、ついでにノミネートされている作品も見てみました。

 

www.mangataisho.com

 

 

 

 

大賞・ノミネート作品

去年のマンガ大賞も、あんまり知らなかったのでみてみると大賞は「BEASTARS」という作品みたいです...知らなかった(汗)。

他にも、ノミネートされていたので読んだことがあるのは、メイドインアビス、約束のネバーランド、ダンジョン飯だけなのでこういうのをみると、全然漫画を知らないのが痛感させられますね(笑)。

そして、2019年の大賞、ノミネート作品はまとめるとこんな感じです。

 

  • 大賞:彼方のアストラ
  • 2位:ミステリと言う勿れ
  • 3位:ブルーピリオド
  • 4位:違国日記
  • 5位:サザンと彗星の少女
  • 6位:北北西に曇と往け
  • 7位:金剛寺さんは面倒臭い
  • 8位:メタモルフォーゼの縁側
  • 9位:ハクメイとミコチ
  • 10位:凪のお暇
  • 11位:ダンジョン飯
  • 12位:ゴールデンゴールド
  • 13位:1122

 

知っている漫画が少ない。。。

 

大賞を受賞した彼方のアストラとは

今回、俺がマンガ大賞を見るきっかけにもなった彼方のアストラは、もともと週刊少年ジャンプで「SKET DANCE」を描いていた篠原健太先生がジャンププラスで描いたSF漫画です。

俺自身、もともとスケットダンスを見ていたのもあってジャンププラスで連載されて、作品にも期待していたんだけど、話の展開がかなり面白くて、もともと伏線とかを敷くのが上手い人だったんだけど彼方のアストラでの伏線の敷き方が絶妙で、毎回1話ごとにワクワクしながら見ていた記憶があります。

先日にもアニメ化が決定して、今波に乗っている作品でもありますね。

俺は、あまりSFとかは見ないけどSF好きな人には見てもらいたい漫画です。

 

ノミネート作品で興味のある作品

ノミネート作品で興味のある作品と言っても、そもそも初めて聞く漫画ばっかりで見たことがあるのがダンジョン飯とハクメイとミコチだけなので、個人的に気になる作品の紹介。

ちなみに、ダンジョン飯はファンタジーとグルメ漫画を融合した感じで、結構ゆるく見れておすすめです。

ハクメイとミコチも結構ゆるい感じの漫画です、この漫画は少ししか見ていないのでおすすめとは書けないけど、世界観が良い作品です。

 

個人的に、興味があるのはブルーピリオドと北北西に曇と往けかな。

ブルーピリオドは、成績優秀な不良が絵画が好きになって美大を目指す話なんだけど、こういう青春漫画は結構好きなのでこの漫画も楽しく読めそうです。

北北西に曇と往けは、アイスランドを舞台に主人公が車と話せる能力と美人が苦手と個性的な特徴を持っている探偵で、様々な探偵撃が起こる漫画です。

探偵系はあまりみないけど、この漫画は設定が面白そうな漫画ですね。

他だと、インパクトのありそうなのはいくつかあったけど、個人的には特に読みたい感じはしませんでした(こういうのって読んでみたら案外ハマるんだけどね)。

 

 

マンガ大賞についての感想

俺自身、マンガ大賞は見ることがないので何気にこれが初めてかだいぶ久しぶりになるわけだけど、こうしてみてみるといろいろな漫画のことが知れるのは良いですね。

 

まあ、このマンガがすごい!にも載っている作品が多いけどマンガ大賞は無料で見れるので軽く今何が読まれているのかがわかる良いイベントだと思います。

特に俺は、面白そうな漫画をひとつひとつ探すのは面倒くさくてしないので、こういうので今熱い漫画とかを教えてくれるとすごい助かります。

 

まとめ

彼方アストラが大賞を受賞したのでマンガ大賞を見たわけだけど、他にもいろいろな漫画を知れてよかったです。

彼方のアストラは、このマンガがすごい!でもオトコ編3位になっていてこれから注目される作品です。

面白いのが、作品が終わってから評価され始めていることですね。

彼方のアストラは全5巻で、気軽に読める上に終わりがすごく綺麗にまとまっているのでそういう部分が評価されたんだと思います。

彼方のアストラは、これからアニメかも控えているしまだ読んでいない人はこれを気に読んでみることをおすすめします。